傍観者効果とは:困っている人がいても見て見ぬふりをする心理

傍観者効果とは

傍観者効果(ぼうかんしゃこうか、英語: bystander effect)とは、社会心理学の用語であり、集団心理の一つ。ある事件に対して、自分以外に傍観者がいる時に率先して行動を起こさなくなる心理である。傍観者が多いほど、その効果は強力なものになる。

傍観者効果とは何? わかりやすく解説 Weblio辞書

傍観者効果が起きる原因

傍観者効果が起きる原因は3つあります。

多元的無知

他者が積極的に行動しないことによって、事態は緊急性を要しないと考える

責任分散

他者と同調することで責任や非難が分散されると考える

評価懸念

行動を起こした時、その結果に対して周囲からのネガティブな評価を恐れる

傍観者効果の実例:キティ・ジェノヴィーズ事件

キティ・ジェノヴィーズ事件とは、1964年、ニューヨークの住宅街で起こきました。

キティ・ジェノヴィーズという女性が深夜に自宅アパートの前で暴漢に襲われ、刺殺された事件です。

彼女の叫び声をあげ、犯行は30分続きました。

付近の住民38人がこの事件に気づいたのにもかかわらず、誰一人彼女を助けようとする者はおらず、警察に通報する者もいませんでした。

後に犯人は「あいつ(目撃者)はすぐ窓を締めて寝るだろうと思ったが、その通りだった」と裁判で述べました。

なぜ住人たちは女性を助けなかったのでしょうか。

当時のマスコミは「大都市特有の冷淡さや他人への無関心さが背景にある」として、この事件を大々的に報道しました。

しかし、心理学者のラタネとダーリーは、多くの目撃者がいたことで、みんな見て見ぬふりをしたと推測しました。

ラタネとダーリーが行った傍観者効果の実験

ラタネとダーリーは「多くの人が気づいたからこそ、誰も行動を起こさなかった」と考えてある実験を行いました。

その実験は、討議を行っている最中に参加者が発作を起こした時、被験者はすぐに助けを呼ぶかどうかというもの。

詳しく説明します。

被験者である学生を相手の様子が分からない個室に通します。

部屋にはマイクとインターフォンがあり、これを使って議題についての意見を述べるよう指示されます。

討議中に、別の部屋にいる参加者の1人が発作を起こす演技をして、インターフォンで助けを求めます。

この実験では参加者は2名、3名、6名のグループに分けて集団討論会を行いました。

実験の結果、参加者が2人の場合は、全員が3分以内に外にいる研究者に事態を報告したのですが、 6人の場合では4分経過しても60%の人しか報告しませんでした。

傍観者効果の実験から得られたもの

ラタネとダーリーが行った傍観者効果の実験によって、多くの人がいるときほど、人は援助行動を起こしにくいことが証明されました。

キティ・ジェノヴィーズ事件は大都市特有の冷淡さや他人への無関心さが背景にあるから誰も助けなかったのではなく、多くの人が見ていたために誰も助けなかったことが明らかになりました。

キティ・ジェノヴィーズ事件を繰り返さないためには傍観者効果が発動してしまわないような社会システムを作ることが重要になってきます。

This article was updated on July 31, 2022