自己責任とは?自業自得だと助けようとは思わない心理

自己責任とは

「自己責任」について辞書で意味を引くと「自己責任とは自分の行動の責任は自分にあること」とあります。自己責任(じこせきにん)の意味 - goo国語辞書

この自己責任についてですが、人は困窮する原因が本人にある場合は助けようとは思わず、困窮する原因が本人にない場合は助けたいと思う心理があります。

例えば、ギャンブルにハマって自己破産をした話を聞いても、「自業自得」と思うのではないでしょうか。

その一方で、親から虐待を受ける子供の話を聞くと、同情して助けたいと思うのではないでしょうか。

この心理について、パメラ・ドウリーがある実験を行いました。

自己責任をテーマにしたパメラ・ドウリーの実験

パメラ・ドウリーは、自己責任の心理について250名の学生を対象にして実験を行いました。

その実験は次のようなものでした。

学生にHIVと診断された患者についての物語を読んでもらいます。

患者は複数出てきますが、HIVに感染した経路がそれぞれ異なります。

物語を読み終わったあと、その患者を助けたいと思うかアンケートを取りました。

すると、輸血が原因でHIVに感染した患者は助けたいと回答する者が多かったのに対し、性交渉やドラッグが原因でHIVに感染した患者は助けようとは思わないと回答する者が多かったことが分かりました。

ここから人が困っている人を助けたいと思うかどうかは、その事態が起きた原因がどこにあるかが大きな判断材料になっていることが明らかになりました。

This article was updated on July 31, 2022