スタンフォード監獄実験とは?人が役割に染まる心理

スタンフォード監獄実験とは?

スタンフォード監獄実験とは、1971年、アメリカ・スタンフォード大学で心理学者フィリップ・ジンバルドーが行なった実験です。

当時の心理学は「人間の行動はその人の気質や性格で決まる」と考えられてましたが、
ジンバルドーは「置かれた状況によって決まる」と考えていました。

役割を与えられた人はどのように行動するのかに興味を持ったジンバルドーは、スタンフォード大学の地下に刑務所のような施設を作って、看守役と囚人役がどのように行動するのかという検証を行いました。

これがスタンフォード監獄実験になります。

スタンフォード監獄実験が次のようにして始まりました

初めに被験者は新聞広告などを利用して募集しました。

集められた被験者のうち、11人に看守役、10人に受刑者の役割を与えて、それぞれの役を演じてもらいます。

リアリティを出すために次のような演出がなされました。

囚人役は本物のパトカーと警官により逮捕されます。

そして、目隠しをされてスタンフォード大学の地下の模擬刑務所へ連行。

囚人役は指紋を採取され、看守役たちの前で服を脱がされ全裸されたあと、シラミ駆除剤を散布されました。

そのあと着用する衣服は、胸と背中に番号が記された薄い布で作られたワンピース型の囚人服で下着の着用も禁止。

頭には女性用のナイロンストッキングから作った帽子を被せられ、足には鉄製の鎖を付けられ、監獄に収容されました。

スタンフォード監獄実験における囚人役と看守役の役割

囚人役

  • 名前ではなくID番号で呼ばれます。
  • 手紙、タバコ、トイレなどは許可制で認められます。
  • 面会は手続きにより認められます。

これらはすべて囚人役に屈辱感や無力感を与えるための演出です。 

看守役

・サングラスと制服を着用し、警笛と警棒を常備。

支配者であることを感じさせるような格好をします。

スタンフォード監獄実験の結果

時間の経過とともに看守役は支配的に、囚人役は従属的に振る舞うようになりました。

実験は2週間で終わる予定でしたが、禁止されていた暴力行為が行われたことから、6日で打ち切りになりました。

人は役割を与えられると、その役割を積極的に果たすようになることが明らかになりました。

合わせて読みたい

1 スタンフォード監獄実験とは?人が役割に染まる心理

2 ボボ人形実験とは?人は観察学習(モデリング)をすることを明らかにした実験

3 攻撃手がかり説とは?武器があると攻撃したくなる心理

4 敵意帰属バイアスとは?相手の言動に敵意があると解釈する心理

5 社会的比較理論とは?人が他人と比較をする心理

6 心理学とは何か?

7 援助行動モデルとは?人が緊急事態から援助行動を取るまでの過程

8 傍観者効果とは?困っている人がいても見て見ぬふりをする心理

9 自己責任とは?自業自得だと助けようとは思わない心理

10 アッシュの同調実験とは?人が多数派に流される心理

11 集団凝集性とは?集団を維持、発展させるためには欠かせない要因

12 ミルグラム実験とは?残酷なことでも権威に従う心理

This article was updated on August 20, 2022