社会的比較理論とは?人が他人と比較をする心理

目次

社会的比較理論とは

社会的比較理論とは、アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーが提唱した説で、周りの人と自分を比較することで、自己評価をすることを言います。

人は社会生活を送るために他人と比較します

人は他人と比較しながら生きています。

自分は優れているか劣っているか、幸せか不幸か、自分の考えは正しいか間違っているかはすべて他人と比較することで評価しています。

年収や学齢、容姿なども他人と比較をすることで優れているか劣っているかを判断します。

社会生活を送るためには、自分の置かれた状況や環境をよく知ることが必要だからです。

比較対象の選定方法

比較をする際は、自分とよく似た人が比較対象になります。

例えば、自分の身長が高いか低いかは、自分と同世代でかつ同性と比較することで判断します。

言い換えると、小学生の男児が自分の身長が高いか低いか判断するために大人や女児と比較とするのは適切ではないことは分かるでしょう。

社会的比較理論には下方比較と上方比較があります

自分よりも劣っている人と比較する傾向が高いことを下方比較、自分よりも優れている人と比較する傾向が高いことを上方比較と言います。

下方比較の特徴

人は自信がないときや追い詰められているときに、下方比較をします。

「この人よりはまだ自分のほうがマシだ」と安心感を得ることができるからです。

ただ、常に下方比較してばかりいると、気持ちはネガティブになり、低いレベルにとどまることになりがちです。

上方比較の特徴

人は自信があるときや向上心があるときに、上方比較をします。

「あの人のようになりたい」と思うことでやる気を高め、成長を促すことができます。

しかし、比較対象の人があまりにも優れている場合は、自信喪失につながる場合があります。

ネット炎上も社会的比較理論で説明できます

社会的比較理論には、多数の他者が自分と同じ意見であることが分かると、自分の意見に自信を持ち、その考えが一層強化されるという考えがあります。

ネット炎上が起きやすい理由も、社会的比較理論で説明することができます。

※ネット炎上とは、企業が不祥事を起こしたり、有名人が不適切な発言をしたりスキャンダルを起こすと、当人のSNSやブログのコメント欄に多数の批判が書き込まれることです。

ネットの世界では、自分と同じ意見の人を見つけやすいという性質があります。

ネットで自分と同じ考えの人を見つけることで、自分の考えに自信を持つことができます。

ネットの世界では、自分の考えに自信を持ちやすい環境にあるからネット炎上が起きるわけです。

加えて、ネットの世界では誰が書き込んだのか分からないという匿名性が批判に拍車をかけます。

ネットの世界では批判が過激化しやすいんですね。

合わせて読みたい

1 社会的比較理論とは?人が他人と比較をする心理

2 心理学とは何か?

3 援助行動モデルとは?人が緊急事態から援助行動を取るまでの過程

4 傍観者効果とは?困っている人がいても見て見ぬふりをする心理

5 自己責任とは?自業自得だと助けようとは思わない心理

6 アッシュの同調実験とは?人が多数派に流される心理

7 集団凝集性とは?集団を維持、発展させるためには欠かせない要因

8 ミルグラム実験とは?残酷なことでも権威に従う心理

9 スタンフォード監獄実験とは?人が役割に染まる心理

10 ボボ人形実験とは?人は観察学習(モデリング)をすることを明らかにした実験

11 攻撃手がかり説とは?武器があると攻撃したくなる心理

12 敵意帰属バイアスとは?相手の言動に敵意があると解釈する心理

This article was updated on August 23, 2022